プロ野球試合速報
(06月28日 23:38 更新)
中 日(ジョーダン)-阪 神(小野)
1-0

試合終了 ナゴヤドーム
試合後コメント: 【中日】2連勝で借金5/阪神戦・ナゴヤドーム共に3連勝/今季初の3カード連続のカード勝ち越し/今季7度目の零封勝利で3度目の1-0による勝利/先発・ジョーダンが6回2/3を無失点でチームトップの5勝目/4人目・田島が自身初、今季セ最多タイの20セーブ目【阪神】昨年9月3日までの7以来となる6連敗/5月5日以来の貯金6/3カード連続のカード負け越し/ナゴヤドーム3連敗/今季初の月間負け越し決定/今季6度目の零敗で、今季4度目の0-1負け/33イニングタイムリーなし/先発・小野は6回1失点でプロ入り4連敗

DeNA(久保)-広 島(九里)
11-8

試合終了 横 浜
試合後コメント: 【DeNA】今季6度目の二桁得点で、再び借金1/筒香が昨年9月28日以来自身5度目の3試合連続本塁打で、4年連続5度目の二桁本塁打/梶谷は5年連続5度目の10号到達/梶谷の4打点、10試合連続安打の筒香の3打点、倉本の2打点は全て今季最多タイ/倉本は今季3度目、宮崎は今季7度目の猛打賞/筒香と宮崎による二者連続本塁打は、昨年9月28日の両者以来/先発・久保はともに今季最多の117球と7奪三振で2連勝【広島】5月11日以来となる今季5度目の二桁失点で、連勝が3でストップ/先発・岡田は今季最短3回降板/2人目・九里がチームワーストの5敗目/3人目ジャクソンがともに来日ワーストの1試合2被弾と5戦連続失点、年間4被弾は昨年に並ぶワーストタイ/松山は昨年8月30日以来の猛打賞、同年5月22日の5以来の4打点

ヤクルト(星)-巨 人(大竹寛)
4-2

試合終了 福 島
試合後コメント: 【ヤクルト】連敗を3で止め、借金15/先発・星は自身最長となる3連勝、巨人戦・地方球場ともにプロ初白星/秋吉が2年連続2度目の2桁セーブ/山田が今季3度目で自身20度目の2試合連続本塁打で、4年連続4度目の10号/藤井がプロ最多の2打点【巨人】連勝が2で止まり、借金8/地方球場での連勝が3でストップ/先発・大竹寛は今季最少の58球降板で3連敗/村田が6月1日以来2度目の猛打賞

ソフトバンク(岩嵜)-日本ハム(マーティン)
6-5

試合終了 ヤフオクドーム
試合後コメント: 【ソフトバンク】今季8度目の3連勝/今季最多更新の貯金20到達/今季3度目の3カード連続勝ち越し/5月2日以来今季2度目の1試合チーム4本塁打/今季2度目の二者連続本塁打/デスパイネはリーグ最多タイ19号/甲斐は自身初の2試合連続本塁打/先発・武田は4月12日以来の登板も自己ワーストタイ6四球/5人目・岩嵜が4勝目、14年から本拠地7連勝/6人目サファテは21セーブ目【日本ハム】今季4度目の4連敗/4月30日以来の借金13/ソフトバンク戦4連敗/今季3度目の3カード連続負け越し/31イニングぶりの得点/4人目マーティンが自身2連敗/代打・大谷が4月6日以来の安打で同5日以来の打点/西川は今季4度目、田中は4月29日以来2度目の猛打賞

楽 天(辛島)-オリックス(金子千尋)
3-2

試合終了 弘 前
試合後コメント: 【楽天】1分けを挟み今季8度目の3連勝で、今季最多更新の貯金22/オリックス戦1分け挟む5連勝/今季4度目となる3カード連続のカード勝ち越し/開幕から3ヶ月連続の月間勝ち越し/先発・辛島が6回1失点で6勝目/4人目・松井裕は両リーグトップの22セーブ目/ペゲーロがチームトップの17号ソロなどで、今季5度目の猛打賞【オリックス】1分け挟む連勝が2で止まり、借金6/自力優勝の可能性消滅/2カードぶりの負け越し/先発・金子千尋は7回3失点で自身3連敗の5敗目/金子は11年8月23日から自身ワースト更新の地方球場5連敗

西 武(牧田)-ロッテ(内)
3-4

試合終了 那 覇
試合後コメント: 【ロッテ】今季3度目の延長戦勝利/西武戦の連敗を4でストップ/06年から07年にかけての5以来となる、地方球場4連勝/沖縄での試合は大毎時代62年6月の阪急戦以来/先発・佐々木が地方球場プロ初登板/6人目・内は共にプロ初の西武戦、地方球場での白星/7人目・益田が8セーブ目/加藤が昨年7月6日以来のタイムリーで、4月26日以来の打点/角中が今季初の猛打賞【西武】2連敗で、6月4日以来の貯金7/今季2度目の延長戦黒星/沖縄でのゲームは西鉄時代61年5月の東映戦以来/先発・多和田は4月25日以来の登板、地方球場はプロ初登板/6人目・牧田が自身2連敗、地方球場では14年から4連敗


情報参照元(PC)
虎風に戻る