プロ野球試合速報
(05月25日 21:36 更新)
阪 神(メッセンジャー)-巨 人(大竹寛)
6-1

試合終了 甲子園
試合後コメント: 【阪神】連敗を2、本拠地の連敗を3でストップ/先発メッセンジャーは今季最長タイ8回を投げ、両リーグ最多タイ6勝目/メッセンジャーの二桁奪三振は今季3度目、通算22度はリーグ歴代13位タイで自身の持つ外国人最多を更新/昨日の試合の死球で鼻骨骨折の鳥谷が4月30日以来今季2度目のスタメン落ち、6回に代打で出場/5月2日以来のスタメン・キャンベルが、来日28打席目での1号2ランとタイムリーで、来日最多3打点/移籍後初の1番・糸井が8試合29打席ぶりの安打/梅野が5月6日以来の打点となるタイムリー【巨人】連勝、阪神戦の連勝がともに3でストップ/昨年5月26日から6月7日かけて以来となる、11試合連続一桁安打/先発・大竹寛は今季ワーストタイ6失点、今季最短3回で降板し3敗目

DeNA(熊原)-中 日(ジョーダン)
13-5

試合終了 横 浜
試合後コメント: 【DeNA】今季最多17安打、15度目の二桁安打で借金3/今季3度目の二桁得点で、最多の13得点/リーグ4番目の20勝到達/4カードぶりのカード勝ち越し/5月6日ヤクルト戦8回以来のイニング5得点/先発・熊原は5回7安打5失点で、今季初勝利/昨年7月20日ヤクルト戦以来通算2勝目/ハマスタ・中日戦ともにプロ初勝利/宮崎がプロ入り最多タイの3打点で、5月9日中日戦以来2度目の4安打/田中浩康は、10年6月6日ロッテ戦以来プロ入り最多タイの4打点/嶺井は、昨年6月26日巨人戦以来の打点とタイムリー【中日】今季2度目の二桁失点で、ワースト13失点/借金9/2カードぶりのカード負け越し/イニング5失点は、5月2日広島戦5回以来/先発・ジョーダンは今季先発最短タイの5回を、来日ワーストの11安打と10失点で今季初黒星/4月25日ヤクルト戦からの連勝は3でストップ/DeNA戦・ハマスタともに来日初黒星/昨年7/11DeNA戦以来のチーム3本塁打/京田が13試合連続安打で、プロ入り初の2試合連続打点/ビシエドが今季初、来日2度目の3試合連続本塁打/来日から2年連続2度目の二桁本塁打

ソフトバンク(中田)-ロッテ(佐々木)
7-12

試合終了 ヤフオクドーム
試合後コメント: 【ロッテ】ヤフオクでの連敗を5で止め、昨年8月28日以来の白星/昨年7月22日以来の二桁得点/15年5月21日以来のチーム5本塁打/井口が史上60人目の通算250号/プロ初1番の大嶺翔が自身最多タイの年間2号、自己最多タイの3打点/ダフィーが共に来日2度目のゲーム2本塁打と3打点/角中は今季初、田村は5月6日以来の打点/先発・佐々木が最多8奪三振で連敗を4で止め、プロ初登板の4月6日以来の白星【ソフトバンク】今季2度目の二桁、昨年4月7日の17以来の12失点/先発・中田は2試合連続で今季ワーストタイ7失点を喫し、4連勝中のロッテ戦で15年3月以来の黒星/中田の3被本塁打は自身ワーストタイ、今季10本は両リーグワーストタイ/内川は横浜時代09年8月以来3度目の3試合連続弾で、5年連続9度目の二桁本塁打/デスパイネが今季3度目、来日9度目の2試合連続本塁打/鶴岡が今季初打点

オリックス(ディクソン)-楽 天(則本)
1-4

試合終了 ほっと神戸
試合後コメント: 【楽天】リーグ最多今季20度目の二桁安打/2連勝で、貯金17は13年終了時の23以来/オリックス戦3連勝/3月・4月と今月と、開幕から2ヵ月連続勝ち越しは08年以来球団史上2度目/先発・則本が10奪三振で、91年4月7日から5月9日の野茂英雄以来2度目で、プロ野球タイ記録の6試合連続二桁奪三振/8回126球5安打1失点で、5連勝で菅野に並び両リーグトップタイの6勝目/ほっともっとでは、プロ入りから2連勝/2人目・松井裕樹が17セーブ目/アマダーが、5月17日日本ハム戦以来の打点とタイムリー【オリックス】12年9月12日から25日の球団ワースト12連敗以来の7連敗/借金7は今季ワースト/92年の4月から5月以来の8カード連続のカード負け越し/ほっともっと3連敗/先発・ディクソンは5回2/3を9安打4失点で、3連敗で3敗目

西 武(ガルセス)-日本ハム(谷元)
8-5

試合終了 県営大宮
試合後コメント: 【西武】今季4度目の4連勝で、貯金は15年7月15日以来の7/昨年8月以来の4カード連続のカード勝ち越し/先発・十亀は5回2/3を今季ワーストタイの7安打、5失点/2人目・ガルゼスが来日初勝利/増田が8セーブ目/秋山が今季初で、14年6月27日・28日以来4度目の2試合連続本塁打/11年9月11日以来プロ入り2度目で最多タイの5打点【日本ハム】2連敗で、5月19日以来の借金7/昨年8月26日の県営大宮から地方球場7連敗/7連敗は、94年5月10日の北九州から7月31日円山以来/昨年4月20日西武戦以来の先発・中村は、5回4安打2失点/2人目・谷元が、15年4月29日ソフトバンク戦以来の4失点で2敗目/西武戦の連勝は6でストップ、13年4月21日以来の黒星/大田が、プロ入り最多のシーズン14打点/レアードが両リーグトップの13号本塁打/近藤が2試合連続マルチ安打で、打率.423


情報参照元(PC)
虎風に戻る